介護の入り口

  • 2017.06.10 Saturday
  • 17:18

 つむぎさんに、原稿を依頼されました。介護という大変な状況にない自分に、何が書けるのかと迷ったのですが、少ない経験の中からお話をさせて頂きます。

 私は、54歳の独身です。四男で母との二人暮らし。農業ですので、割と時間が自由になるのが幸いです。

 いままで介護に関係したのは四人いまして「父・叔父・叔母・母」です。

 父が亡くなって、十七年になります。当時は母も元気でしたので、私の負担は力を必要とする入浴などですみました。

 叔父は独身で、我が家を頼り同居していました。我儘がひどく家主のような振る舞いで困った人でした。そんな叔父も肝炎が、原因で入院することになりました。彼からの要求も多く、用事を片づけるのに何度も通うことに。本人はそれを当たり前のように思っているらしく、感謝の言葉一つありませんでした()

それに病院内で、同室の方と喧嘩はするし、看護師さんを召使のように呼ぶし再三注意を受けました。これにより、病室の移動も数回ありました。

半年後の退院から介護施設・リブ丸山に入所でき、私は安心と共に安泰な生活に戻ることが出来ました。ただ施設でも同じようにトラブルがあり、スタッフの皆さんに迷惑をかけていました。

そんな叔父も十三年前に突然苦しみだし、亀田病院に運ばれ翌日には息をひきとりました。肝臓ガンでした。

次は母が心筋梗塞で入院しました。ちょうど三年くらい前のことです。家に帰ってくると母のようすが普段と違い変でしたので、話をしてみると「大変なことになっている」と察しまして、私が救急に電話をすると「急を要する」とのことでした。

「ドクターヘリで搬送する」と言われましてもうダメかもしれないと落胆してしまいました。

医師から説明を受け、処置も済み「大丈夫ですよ」と言われたときは、思わずガッツポーズしていました。一ヶ月程の入院と、リハビリがありました、私はこの間生活介護をしやすいように、模様替えするために大工仕事もしました。実際は暮らしてみないとわからないことも多いです。

家の中に入るためのスロープ・手すりの設置・介護用品のリース・介護保険を利用するための契約書・やることはいくらでもありました。

食事の支度や入浴・着替え・移動などの手助けは大変でしたが「やっと親に恩返しができるァ」なんて思ったものです。徐々に回復して、表にも出るようになりデイサービスにも出かけられるようになりました。

しかしながら、半月後には「腸閉塞」で二カ月の入院。さすがに私もこれにはまいりましたが、近くの医療センターでしたから通うのに助かりました。色々ありましたが、元気を取り戻し週二回のデイサービス・週一回のカフェに出かけていきます。

最後に叔母さんの話です。彼女は横浜に嫁に行った方ですが、旦那が亡くなった一年後に末期の大腸ガンが見つかりました。療養のために帰ってくることになりました。

最初のころは、私が自宅で食事をつくり届けることで済んでいたのですが徐々に様態が悪化し、泊まり込まなければならなくなりました。自宅で食事の支度をして、母の夕食。すぐに叔母の家に行き、食事をさせます。

トイレは二時間おきに。夜中でも、仕事をしていても二時間に一度は帰らなければなりません。他に介護保険・各手続・横浜の家の片づけ・引っ越し。本来は叔父の跡継ぎになるべき兄の役割なんでしょうが、私は仕事になりませんでした。

兄は木更津に住んでいるのですが、全て私任せです。気にかけてくれているとはいえ、自然縁ある人に、人任せになるようになるように思います。そんな叔母も最後二週間入院して、息をひきとりました。

私は一度も喪主になったことはないないのですが、すべての葬式の打ち合わせ・手続き・法事等をこなしてきました。影の喪主なんて言われています。書きたいことはまだまだありますが、単なるグチになりそうなので()

今は母と二人、ちょうどいい距離を保ちながら暮らしています。なにぶん母は八十八才です。いつどうなるかわかりませんが、その時考えればいいと思っています。

今この時間が大切なんです。介護する側・される側お互いを尊重しながら生活していかなければなりません。

                                       庄司  洋

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM